SQL入門 select top group by集計関数SQL Server

      2016/05/04

目次

select top

group by

集計関数

select top

select topを書いていきましょう。

select文はデータを取得しますね。
大量にヒットしたら重いしいらないですね。
そんなときにselect topは取得する数を指定できます。
SQL文を書いた時に通常表示される順番で表示します。

select top 1 * from 商品テーブル

1件だけ表示してくれます。
select top文が何かを比較したりはしないです。

構文
----------------------------------------
select top 表示する数 列名 from テーブル名
----------------------------------------

group by

グループを作成します。
列のデータをグループ化します。
分類コードの同じ重複したコードをグループ化します。

select 分類コード from 商品テーブル group by 分類コード

分類コードは商品は違うけど同じ分類に属しているということです。

select 分類コード,count(分類コード) as 数 from 商品テーブル group by 分類コード

分類コードをカウントしてasで数と列名をつけてます。

構文
-------------------------------------------------------
select 指定する列名 from テーブル名 group by 指定する列名
-------------------------------------------------------

構文
----------------------------------------------------------------------------------
select 指定する列名,count(指定する列名) as 別名 from テーブル名 group by 指定する列名
-----------------------------------------------------------------------------------

集計関数

集計関数
------------------
avg 平均
max 最大
min 最小
sum 合計
count カウントする
------------------

基本的にはselect文の後に関数名()asで別名をつける。

select max(価格) as 最大値 from 商品テーブル

asを省略したら列名なしに表示される。

構文
------------------------------------------
select 関数名(列名) as 別名 from テーブル名
------------------------------------------
グルーピングされたモノにHAVINGを指定して集計関数は使えます。
where句では集計関数は使えません。

次回はHAVING句です。

PR



 - SQL ,

Translate »