エクセル VBA 入門 ファイルのパスを取得する

      2016/05/03


ファイルのパスを取得します、

サンプルソース

Sub start()
Dim file As Variant
file = Application.GetOpenFilename()
If file = False Then
Exit Sub
End If
Range("a1") = file
End Sub
実行結果
ダイヤログが表示されて指定したファイル名とパスがA!に出力されます。
file = falseになるとexit sub で抜けます。
エクセルのファイルのみ表示したい場合
file = Application.GetOpenFilename("Excel,*.xls")
引数に表示したい文字列,拡張子


サンプルソース

Sub start()
Dim file As Variant
file = Application.GetOpenFilename("Excel,*.xls")
If file = False Then
Exit Sub
End If
Range("a1") = file
End Sub

複数のファイルの選択したい場合
file = Application.GetOpenFilename(MultiSelect:=True)

サンプルソース

Sub start()
Dim file As Variant
file = Application.GetOpenFilename(MultiSelect:=True)
If VarType(file) = vbBoolean Then
Exit Sub
End If

For i = 1 To UBound(file)
Cells(1, i) = file(i)
Next

End Sub

実行結果
選択した分だけ表示される。

VarTypeはバリアント型の変数の値を比較する。
UBoundは配列の最大値を取得する。

副業・SOHO・在宅ワーク



PR



 - Excel入門 , ,

Translate »