配列 LBound UBound VB.NET入門

      2016/12/22

LBoundは添え字の最小値を返します。

構文
LBound(配列名)

UBoundは添え字の最大値を返します。

構文
LBound(配列名)

サンプルソース
Public Class Form1
Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
Dim hairetu(3) As String

hairetu(0) = "は"
hairetu(1) = "い"
hairetu(2) = "れ"
hairetu(3) = "つ"
MsgBox(LBound(hairetu))
MsgBox(UBound(hairetu))
End Sub
End Class

実行結果は
0
3

添え字とは配列名(ココ)のことです。
配列名添え字で参照したりできます。

何に使うといいますとループ回すときに使うことがあるかもしれません。
こんな変な書き方は普通しないけど書いてみた。

Public Class Form1
Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
Dim hairetu(3) As Integer

For i = LBound(hairetu) To UBound(hairetu)
hairetu(i) = +1
MsgBox(i)
Next

MsgBox(LBound(hairetu))
MsgBox(UBound(hairetu))

End Sub
End Class

配列の添え字の最大値はループの回数なんで使うことがあるかもしれないです。
最大値が不定のときありますよね。

PR



 - vb.netさんぷる

Translate »