Write関数WriteLine関数 vb.net入門

   

Write関数WriteLine関数

Write関数WriteLine関数もファイルに出力します。

どちらも第一引数はファイル番号で

第二引数は出力したい文字列です。

構文
Write(ファイル番号,出力文字列)

WriteLine(ファイル番号,出力文字列)

違いはWriteLine(復帰/改行文字を挿入されるます。

Print関数と似てますね。

違いは文字列に””でデータが囲まて,で区切られます。

ソース
Public Class Form1
Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
Dim str As String = Nothing
FileOpen(1, "C:\Users\user\Desktop\hoge.txt", OpenMode.Output)
Write(1, "A")
WriteLine(1, "B")
Write(1, "C")
FileClose()

FileOpen(1, "C:\Users\user\Desktop\hoge.txt", OpenMode.Input)
While Not EOF(1)
Input(1, str)
MsgBox(str)
End While

FileClose()
End Sub
End Class

実行結果は
A
B
C
と表示されます。

直接ファイルの中身を開いたら
"A","B"
"C",
になってますね。

PR



 - vb.netさんぷる

Translate »