File.Copy vb.net入門

   

File.Copy

ファイルを新規に作成してコピーします。
既存のファイルがある時はエラーになります。
ファイルを上書きは行いません。

引数はStringが二つあります。

構文
File.Copy(コピー元ファイル, コピー先ファイル)

ソース
Imports System.IO

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

File.Copy("C:\Users\user\Desktop\hoge.txt", "copyfile1")

End Sub

End Class

実行結果は
copyfile1が作成します。

ファイルがどこにコピーされるでしょうか?
Desktopにはありません。
プロジェクトファイルのデバッグにありました。

パスを指定したほうが良さそうです。

ソース
Imports System.IO

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

File.Copy("C:\Users\user\Desktop\hoge.txt", "C:\Users\user\Desktop\copyfile1")

End Sub

End Class

実行結果は
Desktopにファイルができました。

上書きしたい場合は
実は第三引数を与える同名のメソッドがあります。
第三引数に
上書きならTrueを指定しましょう。

ソース
Imports System.IO

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

File.Copy("C:\Users\user\Desktop\hoge.txt", "C:\Users\user\Desktop\copyfile1", True)

End Sub

End Class

実行結果は
上書き出来ている。

PR



 - vb.netさんぷる

Translate »