エクセル 曜日を返す関数textとweekday

      2017/07/13

エクセル 関数 入門 エクセル 曜日を返す関数textとweekday

エクセル 関数 入門 エクセル 曜日を返す関数weekday

weekday関数は曜日番号を返す関数です。
曜日番号とは
曜日には1から7まで番号が割り当てられています。

第二引数により番号の割り当てのパターンが変わります。
3を指定したらこうなりなます。

曜日番号
0 月曜日
1 火曜日
2 水曜日
3 木曜日
4 金曜日
5 土曜日
6 日曜日

1または省略
1 日曜日
2 月曜日
3 火曜日
4 水曜日
5 木曜日
6 金曜日
7 土曜日

2

1 月曜日
2 火曜日
3 水曜日
4 木曜日
5 金曜日
6 土曜日
7 日曜日

番号なんて返されてもね。
vbにも似た関数ありますね。

プログラムで曜日によって分岐する処理とか
使い道がありそうですね。

サンプルソース
=NOW()
=WEEKDAY(A1)

現在の曜日番号が表示されます。


曜日の色変える程度なら条件付き書式でしたほうが速いけどね。

というか曜日を表示したいならこの関数ではできません。
text関数でできます。

エクセル 関数 入門 エクセル 曜日を返す関数text

text関数は曜日を返す関数ではありません。
書式を変える関数です。
じゃあ曜日に変えれないかといいますとできます。
日付を指定して曜日の書式を指定すればいいのですね。

そらそうですよね。

曜日の書式は何通りかあります。
aaa (月)
aaaa 月曜日

aaaは月曜日という意味ではなくこの書式という意味です。

サンプルソース
=now
=TEXT(A1,"aaaa")

現在の曜日を返します。

月曜日

当たり前ですが書式を変えるので日付や時刻も書式で指定することができます。

サンプルソース
=now()
=TEXT(A1,"h時m分s秒")

現在の時分秒を表示します。


12時41分46秒

簡単ですね。
余裕です。
楽勝です。

書式指定はいろいろ調べてください。
ここで一覧を書いても多いので覚えるのが
嫌になるかもしれないので
わからないことは簡単に調べるほうが楽です。

PR



 - Excel入門

Translate »