エクセル 土日を除いた営業日を求めると稼働日 workday関数とnetworkdays関数

      2017/07/13

エクセル 関数 入門 workdayとnetworkdays 土日を除いた営業日を求めると稼働日

エクセル 関数 入門 workday土日を除いた営業日を求める

workday関数は土日を除いた営業日を求めます。

構文
workday(日付,経過する日数,祭日)

使い方はそうですね。
例えば商品を購入して5営業日に発送しますとか
みたことあると思います。
営業日は土日と祭日以外ですよね。
祭日は第三引数に指定しないといけないですが。

祭日や休日は自分で調べて祝日リストを年度別に
作り範囲で指定しなければいけないみたいですね。
めんどくさ(笑)

サンプルソース
a列
=now()
=workday(a1,7)

実行結果は
現在から7営業日を求めます。

エクセル 関数 入門 networkdays 稼働日

networkdays関数も動作はworkday関数を全然違います。

何が違うと言うと引数の指定の方法が違います。
第二引数が終了の日付を指定します。
どういうことかと言うと今月の稼働日を調べたいとします。
そうすると1日から31日までですよね。
厳密には日付は違いますし月も必要ですが。

最初のworkday関数だと31を指定したらおかしいなことになりますよね。
営業日を省いて31日過ぎた日になりますから。

そうすると違う関数が必要ですよね。
稼働日を調べたいときか。
働きたくはないですが。

構文
networkdays(開始日,終了日,祭日)

サンプルソース
2017/1/1
2017/1/31

=NETWORKDAYS(A1,A2)

答え
22

稼働日が22あるということです。

似てる関数ですが使い方全然違いますよね。

Excel関数だけでもいろいろな可能性を感じますよね。

面白いですね。

PR



 - Excel入門

Translate »