エクセル 文字列数えると結合 CONCATENATE関数とlen関数

      2017/07/13

エクセル 関数 入門 CONCATENATEとlen文字列数えると結合

エクセル 関数 入門 CONCATENATE文字列結合

CONCATENATE関数は文字列を結合します。
コンカティネイトと読みます。
長いよ。

構文
CONCATENATE(文字列1,文字列2,文字列3)

サンプルソース
11111
22222

=CONCATENATE(A1,A2)

答え
1111122222

文字列の結合なので演算ではありません。
文字列の計算は+を使います。

=A1+A2

33333

CONCATENATE関数を使用しないとすると

=A1&A2

6でできますけどね。

日付と文字列を足したいときはtext関数を使いますね。
text関数は文字列に変換して書式を設定する関数でしたよね。

方法は何通りかありますね。
CONCATENATEの引数の中でtext関数を使い文字列を結合する。
text関数の引数の中でCONCATENATE関数を使い結合させるか。
text関数の引数の中で&で結合するかですね。

サンプルソース
今日は
=today()
です。

=CONCATENATE(A1,A2,A3)

結果は
今日は42909です。

日付のシリアル値が表示されてしまいますね。

text関数を使いましょう。

=CONCATENATE(A1,TEXT(A2,"yy年m月d日"),A3)

今日は17年6月23日です。

エクセル 関数 入門 len文字列数える

構文
len(文字列)
サンプル
今日は
=LEN(A1)

答え
3

PR



 - Excel入門

Translate »