エクセル VBA 入門 IF文Select Case

      2016/05/04

目次

IF文

Select Case文

IF文

IF文は指定した条件で分岐させたい時に使います。
前回のプログラムをIF文を追加しました。
二回同じ処理したら無駄ですし気づかないこともあります。
再実行はリランといいます。
セルにユーザーが何かミスタイプで入力している可能性もあります。

If Range("A1") = "" Then セルが空白かどうか
Range("A1") = str

ElseIf Range("A1") = str Then セルが指定の文字列と一致してるか
MsgBox "二回目です"
Else それ以外
MsgBox "不正な値が入力されています"

End If

---------

構文 if文

If 条件式1 Then 
ElseIf 条件式2 Then 
Else 
End If
--------------------------
Option Explicit

Sub main()
Call msg("こんにちわ")
End Sub

Sub msg(str As String)

If Range("A1") = "" Then
Range("A1") = str

ElseIf Range("A1") = str Then
MsgBox "二回目です"
Else
MsgBox "不正な値が入力されています"

End If

End Sub

Select Case文

前回のif文を書き換えます。
条件が多い時はSelect Case文のほうがすっきりまします。

Select Case Range("A1") Range("A1")の値を指定してます。

Case "" 値が空の時
Range("A1") = str

Case str 値が変数strの時
MsgBox "二回目です"

Case Else それ以外
MsgBox "不正な値が入力されています"

End Select

Select Case文
---------------------------
構文 Select Case文

Select Case 変数や式
    Case 値A
    Case 値B
    Case Else
End Select
---------------------------
Option Explicit

Sub main()
Call msg("こんにちわ")
End Sub

Sub msg(str As String)

Select Case Range("A1")

Case ""
Range("A1") = str

Case str
MsgBox "二回目です"

Case Else
MsgBox "不正な値が入力されています"

End Select

End Sub

PR



 - Excel入門 ,

Translate »